So-net無料ブログ作成

説明不足

 中学1年では負の数を導入するが、小学5学年で学んだ四則演算の結合則が負の数を含めて成り立つことを学ぶ。その際、生徒自身に

 {2+(-3)}-5  2+{(-3)-5}

といった計算をさせて、結果が一致することを確認させることがある。

 しかし、生徒は算数以来の習慣で括弧による計算順序の指定を無意識に無視しがちだ。授業の流れを明確に示し生徒が意図を理解していないと、生徒は指定の計算順序を変えて計算してしまうだろう。そのようなとき、単に「計算法が違う」などと注意するだけでは、生徒は混乱するだけである。

 生徒に注意するよりも、授業の進め方を反省すべきである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。