So-net無料ブログ作成
検索選択

1/3+3/4=4/7

1/3 + 3/4 = 4/7

という計算は、分数を習いたての子がよくやる間違いだが、中学生でも、こういう計算をしてしまうことがある。普段は正しく計算できているのだが、何かの拍子に先祖返りのように、分母同士、分子同士を足してしまうのである。

 分数を習いたての子には、分数は2つの数が縦に並んだものに見えていることだろう。それを足せと言われれば、上の数同士、下の数同士を足すというのは、ごく自然な発想だ。しかし、教師からの説明や応用問題などに取り組むうちに、3/4は四つ切りのピザ3枚のことだといったイメージができてくる。そうなっていれば、分母を足そうという発想はでてこないだろう。しかし、そうした数のイメージが生じないまま、単なる計算規則として覚えている子が少なからずいるようだ。こういう子は、突拍子もないミスをする。上の中学生のように。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: